気象庁について


Home > 気象庁について > ご挨拶 > 組織図

組織図

気象庁は環境部の傘下に位置し、韓国政府の機構の一つです。気象庁の業務は、自然災害から国民の生命と財産を保護し、経済活動を支援する一環として、国家の共同繁栄を増大させる事と提議されています。

これに向け、気象庁は地上及び海上大気中の気象現象を観測、分析して天気予報と警報を発令し、気候統計資料や産業気象資料を提供しています。更に、気象庁は国内及び海外の機関と気象データや情報を交換し、研究調査や技術開発活動に取り組むと共に、国際協調を促進しています。

気象庁は3つの事務局(天気予報、気象技術とシステム、気象情報と技術)と2つの事務所(政策管理と対国民業務、地震総括業務)、数値予報センター、産業気象及び社会福祉本部、国立気象研究所、韓国航空気象局、並びに5つの地方気象庁で構成されており、1,281名の職員が勤務しています。また、10つのレーダーを含む97か所の気象観測所と4か所の上層圏観測所、気象庁が運用する自動気象観測所(AWS)が稼働しています。

組織図

  • 長官
      • 気象先進化委員会
        • 気象先進化委員会
      • 報道官
    • 副長官
      • 企画調整総務局長
        • 1. 企画予算事務官
        • 2. 行政管理事務官
        • 3. 条例改定及び法務事務官
        • 4. 人材資源開発事務官
        • 5. 国際協力部
      • 総括業務局
      • 天気予報事務局
        • 1. 予報政策部
        • 2. 予報運用部(4)
        • 3. 予報技術部
        • 4. 国家台風センター
        • 数値予測室長
          • 1. 数値モデル開発部
          • 2. 数値資料応用部
          • 3. スーパーコンピュータ管理部
      • 観測基地局
        • 1. 観測政策部
        • 2. 観測管理部
        • 3. 海洋気象部
        • 4. 気象技術部
        • 地震業務室長
          • 1. 地震政策部
          • 2. 地震鑑識部
      • 気候科学局
        • 1. 気候政策部
        • 2. 気候予測部
        • 3. 韓国地球大気監視センター
        • 4. 韓国気象気候センター
      • 気象産業/情報技術局
        • 1. 気象産業部
        • 2. 気象資源部
        • 3. 情報通信技術部
        • 国立気象研究所
          • 研究企画管理部
          • 政策研究所
          • 予報研究所
          • 気候研究所
          • 地球環境システム研究所
          • 黄砂研究所
          • 気象応用研究所
        • 韓国航空気象局
          • 企画総括業務部
          • 予報部
          • 情報技術支援部
          • 空港気象観測所(3)
          • 気象無線送信所(1)
          • 空港気象業務部(8)
        • 地方気象局
          • 企画総括業務部
          • 災害予防サービス部
          • デジタル予報部
          • 気象台(36)
          • 気象観測所(9)
        • 国立気象衛星センター
          • 衛星開発企画部
          • 衛星システム運用部
          • 衛星データ分析部
        • レ―ダ―気象センター
          • レ―ダ―運營部
          • レ―ダ―分析部
  • 支援業務
  • 補助業務
  • 付属機関